脈



時折聞こえてくるアスファルトの唸り声と

高架下の甘い誘惑の中

研ぎ澄まされた悲壮を連れて歩いていた

太陽の光を遮る人工密林では

群れをなすゲームの天才達が狼狽していた

失望の微粒子は涙を流して

善人が新しい律動を築いていた

僕は君より他に誰も愛せやしない

野望が渦巻いて 悲劇が生み出されて

哲学が街に届かなくなろうとも

僕は君を守りたいんだ


朽廃した雑踏は病んでいた

空中都市が一元論を見下ろしていた

けれど息をするたび 僕は君を想った

強く 激しく 君を想った

ショーウインドウに並ぶ虚栄心の道具

中央分離帯が醸し出す緊迫感

独りぼっちだよ 本当にひとりぼっちなんだ

紫外線が強くなったなんて言われても分からない

そうなんだ 次々に星が滅んでいるとしても

地球が滅んでみなけりゃ誰も分からないのさ

僕は君を守りたいんだ


鎮魂歌のような路上のノイズに紛れて

やけに暖かかった冬が終わる

僕は卑怯な大衆媒体の声に耳を塞いで

誰にも気づかれぬよう瓶詰めの手紙を流した

遠い地で氷山が溶けてゆく音に耳を澄ました

僕は君のためなら命を捨てても構わない

猜疑心の華が交差点を埋め尽くしても

金儲けの上手い順で歴史に名が残されても

愛だけ忘れなければ いつか何かが変わる

息をするたび 僕は君を想った

僕は君を守りたいんだ