詩集紹介


最新刊

  
 書名:「詩集 さなぎの唄」

 著者:関根裕治

 ISBNコード: ISBN4-7974-6791-6

 発行:新風舎 03(3746)4648

 発行日:2005年11月15日

 版型・頁数:A5版ハードカバー 144ページ 

 定価:本体1800円+税


 研ぎ澄まされた言葉によって 不思議な胸の高鳴りを起こさせる。
 前作から11年間の沈黙を破り 第三詩集として新たな境地へ
                                  (帯文より)

       「詩集 さなぎの唄」にいただいたご感想


      メールにてご注文を承っております。
      お求めになりたい方はこちらをご覧ください

                           
                         掲載作品一覧   


                       澄み渡る青空を前にして
                       ナンバー8
                       春のうた
                       ひとつ前の愛に
                       ありふれた一日
                       樹下の告白
                       6号のつぐない
                       けなげなはな
                       首輪のない犬
                       正体
                       唐辛子ばばあ
                       五月雨
                       家庭の事情
                       流れ星参上
                       穴の話
                       芝生
                       バク
                       レース
                       瓶詰めの砂丘
                       駅
                       イヴキ
                       八十七年の炎天下
                       十七歳のアフォリズム
                       月光
                       ひなたぼっこ
                       モンスター
                       予感
                       丘に降る伝言
                       傘を閉じない
                       さなぎの唄

                                 (全三十編)






第二詩集


 書名:「君を哀しませるものすべてが僕を打ち砕く」

 著者:関根裕治

 ISBNコード:4-7733-2976-9

 発行:近代文藝社 03(3942)0869

 発行日:1994年10月30日

 版型・頁数:四六版ハードカバー 277ページ

 定価:1529円(税込)

 ちぎれそうな愛からも 沈みゆく孤独からも
 目をそらせるほど 大人じゃない・・・・・・

 イノセンスの絶壁であがく精神の崩壊と再生を描いた
 16歳当時からの独白と警句と物語詩108編

 可燃性危険物含有 第二詩集 (帯文より)

  お求めになりたい方はこちらをご覧ください。


掲載作品一覧


〜序章〜 毒された砦 受刑
漂う二重奏 霧の中の光のように 遠心力
蟻地獄群衆 片想い エゴイストに愛を込めて
思春期 密室の野望 せめて・・・・・・
そして君は虚空をつかむ 閉ざされた理由 初夏
告訴 都会漂流 届きますか
禁句令 しらけた街から 作戦決行
価値基準 逃避行 天邪鬼
前人未踏の大地 明日 麻酔
2XXX年 凝視
生活 ずうずうしくも生き残る島 帰巣
動物達が死に絶えると言う時 8オンスの相棒 せかいをあげよう きみだけに
裁かれた二人 焦燥 僕という雨
消えゆく言葉達 コーラとドーナツと石ころと薔薇 夜の香り
蜚の交尾 陽射しの中の園児達 傀儡の街角
誤解 欠けた月 既成概念が天才を殺す
悪意の神 社会がくれた配布物
舌足らず その日僕は涙と雨が同化するのを静かに待ちながら傘を忘れたことに感謝していた 略奪者へ
濾過の春 彼等 悲しき鬣
温度のある夢 呪い 7度9分
審美眼 時代の思惑 孤独
追憶の枯葉 浮キ世ハ民間伝承ヨリ奇ナリ 行方不明
情炎 歪な風景
季節はずれの北風 五角形のぬくもり 長月の訣別
非常階段 限界的食物連鎖論
最後の隣人 えくぼ
未来 第三惑星の定理 孤独に贈る鎮魂歌
少年が途方に暮れる時 洗濯中なの
激震 暗黙の了解のうちに 基地のある街に埋もれる息子から
ともだち 初恋 0%
青い悲劇 十年 生まれ来る胎児達にメリー・クリスマス
細胞が騒いでいる ざくろ 神様が失敗したとしか思えない
炎と矛先を越えて 可能性における一考察 黄昏に泣く人
少年詩人と少女画家 つり橋の上 おやすみ
不純軍団 咆哮 もう君を失っている
ゆうこ 傷ついた情熱家の観念的見解
呼吸 〜終章〜









処女詩集


 書名:「時代に君を渡せない」

 著者:関根裕治

 ISBNコード:4-7733-1546-6

 発行:日本図書刊行会

 発売:近代文藝社 03(3942)0869

 発行日:1993年5月20日

 版型・頁数:四六版ハードカバー 167ページ

 定価:1223円(税込)

 狂った街に戸惑うティーンエイジャーの苦悩と
 ひたすら純粋であり続けようとする恋が
 互いに絡み合いながら白紙の上を転がってゆく・・・
 息をすることが生きることなのか
 欲しがるだけが愛なのか
 傷心と渇望と孤独に贈る88編のラブレター
 「傷ついてるなら こっちへおいで」 (帯文より)


 ※こちらの詩集は現在絶版となっております。 

掲載作品一覧

傷ついている君に 現実 君が明日を嘆く時
重過失罪 革命 ふたつの景色
不安 墓場 90°Fの日常
泥沼 雨音に責められて 絶対的均衡
海辺にて 祈り
白の宿命 意地とわがまま 相合傘
警告の結末 此は如何に 枯葉が落ちてゆくのを見ているということは
約束 演出家 猥褻な場末
純粋培養 偽造現実 愚者の極限
こんにちは 都会さん 境界線 「心を自由に」計画
初雪 金縛り カーデガンと左肘
記念日 半径5メートル危険地帯 今日はいい天気
三角形に張りつめた糸 まだ分からない 永眠
人類最後の夢 人生指針現代版 帰還
愛深き人へ 紫陽花 謙虚な願い
優しい人 浮気者 再会
Zの女 不埒な夜 底無し沼
夜明け 崖っぷち 定跡の鎖は自由の腐り
甘い蜜 情死 哲学少年と文学少女
強すぎる愛 こんな馬鹿げた嘆きにも 救世主不在
直視 提案 瞳の影と過去の傷
アダムとイヴの息子達 君との仲がこの先 内気なあの子
物覚えの悪い男 「誘ってみなさいよ」 微妙な間隔
たくらみ 予告犯罪
悪運 3600秒の吐息
雪盲 完全犯罪 無罪判決 生と死
狂気 偽りの恍惚 たったひとつの選択肢
吟遊詩人の敗北感 城壁にもたれて
おいらは街ゆく流れ者 そして俺は魔王になる 準星への昇華
誓い



戻る